FXに必要不可欠なのがインターネット

fxは投資の中でもリスクが少ないのが魅力ですがネットないと無理です。 - 財産の何パーセントを余剰資金

財産の何パーセントを余剰資金

続いて2つ目の基準について説明いたします。
いわゆる金融資産と呼ばれるものが、大きなポイントになってくると思います。これも実は一部のFX会社において明示はされています。そしてどこに明示されているかは、やはり各会社によって異なります。
金融資産という言葉の定義なのですが、恐らく生活に支障をきたさない範囲での余剰資金の事を指していると推理します。たとえば現在の全財産が、50万円だとします。その50万円全てを指しているのではないと思います。それは「全財産」です。
あくまでも余剰資金となりますので、全てではない訳です。この50万円のうちの一部を金融資産として定義しているのだと思います。
財産の何パーセントを余剰資金と考えるのかは、人によって基準は色々あると思います。私の基準では、だいたい5%ぐらいが余剰資金ではないかと思いますが。
まずはこのように資金が必要になってくるというのが重要です。
そもそのFXの目的は、資産を増やす事です。したがって資産がゼロ円ですと、当然口座開設はできなくなってくると思います。
実際手持ちの資金が少ない方は、口座開設の審査で落とされたという事例もあるのだそうです。したがって最低限ある程度以上の金額が手元にないと、さすがに口座は作れないのではないかと思います。
先ほどの年齢に加えて、まずはこの資産が必要という訳です。すなわち年齢が30代や40代の事でも、資産がゼロ円ですと口座は作れないだろうと思います。

関連記事

Copyright(C)2016 FXに必要不可欠なのがインターネット All Rights Reserved.